誕生日を祝う

お誕生日のお祝いの仕方は様々だと思います。私は、どのように祝ってもらえるのかどんな日を過ごすのかが毎年楽しみです。たとえ誕生日当日ではなく、別の日であってもお祝いしてもらえることが嬉しいです。小学校の時は家で誕生日パーティーを開いてもらい、友達をたくさん家に呼び、お菓子やケーキを食べてジュースを飲み、楽しい時間を過ごしました。プレゼントもたくさんもらって、皆んなの前で開けたりして盛り上がった事を今でも覚えています。
私の家では、誕生日には自分の好きなメニューを作ってもらうのが決まりでした。毎年いろんな料理をリクエストして作ってもらっていました。今では作るのは自分なので、自分の誕生日には「お休み」と言う事で、外食する事が増えています。高校生の時は、飲食店でサプライズケーキを出してもらいサプライズゲストを仕込んでもらったりしてお祝いしてもらいました。普通にご飯を食べて皆んなでお話して何気ない1日を過ごしました。
社会人になってからは、仕事仲間にご飯に連れて行ってもらい、ご馳走になりプレゼントを貰いました。今でもその同期とは毎年お互いの誕生日をお祝いしています。今も変わらず皆んなで集まりケーキでお祝いしてもらい、プレゼントも貰っています。当日は、だいたい彼氏と過ごしていました。その日が仕事だった時は、仕事終わりに会いご飯に連れて行ってもらい、休みの日に一緒にプレゼントを選びに行き買ってもらったり、お休みの日だった時は旅行に連れて行ってもらった事もありました。部屋に入ると花束が置いてあった事もあります。
結婚してからは、家族とお出かけしてご飯を食べて祝ってもらったり、お休みが取れた時は旅行に行ったりしています。誕生日のお祝いの形は、誰と過ごしどのように過ごすかで変わってきますが、どの人と過ごしても最高な誕生日になった思い出しかありません。思い返してみると毎年素敵な誕生日を過ごしているなっと実感しました。祝ってもらえるだけで幸せな事なのです。